アシロ(7378)IPOの仮条件が発表されました。アシロIPOは、主に弁護士を顧客とするリーガルメディアを運営していることで関心を集めています。

アシロIPOは、直近のラキールIPOから数日空けての単独上場なので、日程には恵まれています。ただ、規模が大きめなので、地合いに左右されそうですね。

アシロ

アシロIPOの関連記事

アシロIPOの新規上場を承認!野村證券が主幹事

アシロIPOのBBスタンスとIPO評価!リーガルメディアIPO

アシロIPOの仮条件

1,120円~1,160円

アシロIPOの仮条件は、想定価格の1,120円を下限に上方へ少しだけ拡げて設定されています。アシロは規模がやや大きいので、もう少し控え目の仮条件になるかと思いました。

しかし、主幹事が野村證券だけあって、6月のIPOで公開価格割れを出しながらも、強気の姿勢は崩さずといった感じですね。

ちなみに、アシロIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は54.1億円から56.1億円にアップします。

LINE証券
LINE証券はアシロIPO委託幹事に決定

アシロIPOの初値予想

1,280円→1,160円 (公開価格比:±0円)

(※大手予想会社の初値予想:1,200円~1,500円)

アシロIPOは、規模(吸収金額56.1億円)が大きく、売出株(3,374,200株)やVC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約474万株)も多いため、投資ファンドのイグジット(出口)案件として警戒されそうです。

ただ、リーガルメディアに特化した事業は独自性があり、似た業態の弁護士ドットコム(6027)の株価も好調に推移しているため、事業内容で一定の評価を得られると思います。

よって、アシロIPOは公開価格を10%程度上回る1,280円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アシロIPOの幹事団

アシロIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 SBI証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券
岡三証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
岡三オンライン証券
LINE証券

アシロIPOの幹事団は、主幹事の野村證券をはじめ、ネットから申し込める証券会社ばかりなので、当選を狙うなら幅広く申し込むのがベストですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社