アズーム(3496)IPOの仮条件が決定しました。アズームIPOは規模が小さく、遊休不動産の活用というユニークな事業内容でも注目されているようです。

また、アズームIPOはテノ・ホールディングスIPOとの同時上場になりますが、人気面で勝っているので、資金分散の影響は限定的だと思います。

アズーム

アズームIPOの関連記事

アズームIPOのBBスタンスとIPO評価!不動産テックIPO!

アズームIPOの新規上場を承認!みずほ主幹事の小型IPO!

アズームIPOの仮条件

2,900円~3,000円

アズームIPOの仮条件は、想定価格の2,900円を下限に上方へ拡げて設定されています。アズームIPOは前評判が高かったので、やや強めの仮条件も納得です。

ちなみに、アズームIPOの公開価格が仮条件の上限(3,000円)で決まった場合、吸収金額は9.2億円から9.5億円にアップしますが大差ないですね。


SBI証券のIPOルール

アズームIPOの初値予想

6,000円→5,400円 (公開価格比:+2,400円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:5,400円~6,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:5,000円~5,500円)

アズームIPOは、マザーズの小型(吸収金額9.5億円)IPOなので、間違いなく人気化すると思います。

また、不動産事業はIPOで人気とは言えませんが、遊休不動産の活用に特化している点と、不動産テックというテーマ性で注目されそうです。

よって、アズームIPOは公開価格の2倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アズームIPOのその他初値予想はこちら

アズームIPOの幹事団

アズームIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SBI証券
東海東京証券
マネックス証券
エース証券
極東証券
藍澤證券

主幹事のみずほ証券だけでなく、比較的抽選配分数が多くなる傾向のSBI証券マネックス証券も申し込み必須です。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社