バロックジャパンリミテッド(3548)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週(10月17日)からスタートします。

バロックジャパンリミテッドIPOは、名証2部市場へ新規上場する岐阜造園IPOとの同時上場で、規模(吸収金額308.6億円)もかなり大きいため、相当厳しそうです。

バロックジャパンリミテッド

バロックジャパンリミテッドIPOの基本情報

銘柄名バロックジャパンリミテッド
コード3548
主幹事証券大和証券
みずほ証券
幹事証券SMBC日興証券
SMBCフレンド証券
マネックス証券
SBI証券
いちよし証券
上場日11月1日
仮条件決定日10月14日(2,000円~2,240円に決定)
ブックビルディング期間10月17日から10月21日まで
公開価格決定日10月24日(2,000円に決定)
申込期間10月25日から10月28日まで
公募4,200,000株
売出し7,789,800株
OA1,786,900株
吸収金額308.6億円
想定価格2,240円


バロックジャパンリミテッドIPO幹事のSMBC日興証券

バロックジャパンリミテッドIPOの事業内容

バロックジャパンリミテッドグループは、バロックジャパンリミテッド及び連結子会社6社により構成され、主に女性向けの衣料及び服飾雑貨の製造小売業(SPA)として、衣料品及び服飾品の企画と販売を行っています。

また、バロックジャパンリミテッドは、旗艦ブランドの「MOUSSY」をはじめ、「AZUL by moussy」「ENFOLD」「SLY」「rienda」など、ファッション性に富んだ数多くのブランドを展開しています。

さらに、バロックジャパンリミテッドは、国内だけでなく中国を中心に海外にも出店しており、インターネット通販も手掛けています。

私はアパレル業界に疎いので良く知りませんが、女性には一定の知名度がありそうですね。

バロックジャパンリミテッドIPOの業績

バロックジャパンリミテッドの業績

(※画像クリックで拡大)

バロックジャパンリミテッドIPOの売上高は、規模が大きいだけに安定しているように見えますが、利益はかなりバラついていますね。

バロックジャパンリミテッドのIPO評価

バロックジャパンリミテッドは、大型(吸収金額308.6億円)なIPOで、アパレル事業もIPO的にそれほど人気が無いことから、需給面でかなり厳しそうです。

また、バロックジャパンリミテッドは、売出株(7,789,800株)が公募株(4,200,000株)よりかなり多いことも、警戒感につながりそうです。

さらに、このところの傾向では、小型IPOは概ね好調ですが、大型IPOはあまり芳しくありません。にほんブログ村でも、全体的に評価は低そうです。

よって、バロックジャパンリミテッドのIPO評価はDが妥当だと考えています。バロックジャパンリミテッドIPOの初値は、公開価格を割れる可能性が高そうなので、あえて参加する必要な無いと思います。


にほんブログ村

バロックジャパンリミテッドIPOのその他情報はこちら

バロックジャパンリミテッドIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

バロックジャパンリミテッドIPOのBB(ブックビルディング)は、基本的に見送るつもりです。ただ、いつものことですが、SBI証券だけは、IPOチャレンジポイント狙いで必ず申し込みます。

バロックジャパンリミテッドIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB不参加
みずほ証券 (主幹事) BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
SMBCフレンド証券 口座無し
マネックス証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
いちよし証券 BB不参加


SBI証券の公式サイト


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

IPOでは、なるべく多くの証券会社に申し込むことが当選への近道なので、今のうちに証券口座を増やして、IPO当選を目指しましょう。

IPOにオススメの証券会社