ベイシス(4068)IPOの新規上場が承認されました。ベイシスIPOは、6月24日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ベイシスIPOの主幹事はみずほ証券が務めることになっています。

ベイシスIPOは、本日同じく新規承認されたセレンディップ・ホールディングスアルマードHCSホールディングスとの4社同時上場になります。

ベイシス

ベイシス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ベイシス
コード4068(情報・通信業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
岡三証券
いちよし証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
楽天証券
岡三オンライン証券
松井証券
上場日6月24日
仮条件決定日6月4日(1,960円~2,040円に決定)
ブックビルディング期間6月8日から6月14日
公開価格決定日6月15日
申込期間6月16日から6月21日まで
公募196,000株
売出し153,000株
OA52,300株
吸収金額7.9億円
時価総額34.5億円
想定価格1,960円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
ベイシスIPO幹事のSMBC日興証券

ベイシスIPOの概要

ベイシスIPOは、携帯電話基地局の設置工事だけではなく、プロジェクトマネジメント、電波エリア設計・最適化、インテグレーション、運用監視・保守まで、通信インフラ構築のバリューチェーンをワンストップで提供するモバイルエンジニアリングサービスを行っています。

また、ベイシスIPOは創業から培ってきたインフラ構築・運用ノウハウと最新のテクノロジーをかけ合わせた「インフラテック」を通じて、IoTの普及を促進するIoTエンジンサービスも提供しています。

さらに、ベイシスIPOはこれまで人の手でやっていた仕事を、AIやロボットなどのテクノロジーに任せるために、RPAドローンを使ったソリューションも提供しています。

ベイシスIPOは4社同時上場ですが、IT関連の小型(吸収金額7.9億円)なマザーズIPOなので、それでも人気を集めそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ベイシスIPOの幹事団は、主幹事のみずほ証券をはじめ、IPO幹事常連のSMBC日興証券SBI証券などの9社で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOルール

また、岡三証券が幹事団入りしているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りする可能性が高そうですね。←正式に決定しました!

ベイシスIPOの初値予想

ベイシスIPOの初値予想は、仮条件決定後(6月4日以降)に追記させていただきます。

5,100円 (想定価格比:+3,060円)

(※大手予想会社の初値予想:4,000円~4,700円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社