ベイシス(4068)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。ベイシスはマザーズの小型IPOとして注目されています。

また、ベイシスIPOは同時上場する4社の中でも一番人気を集めそうなので、何とかゲットしたい銘柄ですね。

ベイシス

ベイシスIPOの過去記事

ベイシスIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

ベイシスIPOのBBスタンスとIPO評価!インフラテックIPO

ベイシスIPOの初値予想!仮条件は強め

ベイシスIPOの配分数(割当数)

ベイシスIPOの配分数(割当数)は、主幹事のみずほ証券が約90%を占めています。しかし、それでも当選枚数はかなり少ないので、相当な競争率になると思います。

また、平幹事での当選はさらに厳しくなりますが、申し込まなければ当選しないので、もれなく申し込むのがベストですね。

ベイシスIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
みずほ証券 (主幹事) 314,500株 90% 315枚 A
SMBC日興証券 10,400株 3% 10枚
SBI証券 6,900株 2% 31枚 B
岡三証券 5,200株 1.5% 5枚
いちよし証券 5,200株 1.5% 1枚
東海東京証券 1,700株 0.5% 2枚
岩井コスモ証券 1,700株 0.5% 2枚
マネックス証券 1,700株 0.5% 17枚
楽天証券 1,700株 0.5% 17枚
岡三オンライン証券 ?株 ?% ?枚
合計 349,000株 100% 400枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

SMBC日興証券 オンライントレード

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ベイシスIPOのBB(ブックビルディング)は、6月14日に締め切られるので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、早めに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株ランキング