Branding Engineer(7352)IPOの仮条件が決まっています。Branding Engineerは、7月一発目の超小型なIPOということで期待度が高まっているようです。

Branding EngineerのIPO主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントがそれなりに貯まっている方は、ポイントを使うかどうか悩ましいところですね。

Branding Engineer

Branding Engineer(7352)IPOの関連記事

Branding EngineerのBBスタンスとIPO評価!超小型IPO

Branding EngineerのIPO新規上場を承認!SBI証券が主幹事

Branding EngineerのIPO仮条件

450円~490円

Branding EngineerのIPO仮条件は、想定価格の440円を上回るレンジになっています。Branding Engineerは当初から注目されていたので、仮条件の上振れも納得です。

ちなみに、Branding EngineerのIPO公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は1.9億円から2.1億円にアップしますが、それでも超小型ですね。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

Branding EngineerのIPO初値予想

1,600円⇒3,000円 (公開価格比:+2,510円)

(※大手予想会社の初値予想:1,000円~1,150円)

Branding Engineerは、マザーズへの単独上場で規模(吸収金額2.1億円)も小さいため、人気化必至の銘柄です。

また、ITの人材不足が叫ばれる中、ITエンジニアに特化した人材事業を展開していることでも注目されそうです。

よって、Branding Engineer(7352)IPOはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株が少し気にはなりますが、それでも初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Branding Engineer(7352)IPOのその他初値予想はこちら

Branding EngineerのIPO幹事団

Branding EngineerのIPO幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 大和証券
みずほ証券
あかつき証券
エイチ・エス証券
エース証券
岡三証券
極東証券
東洋証券
楽天証券
マネックス証券
水戸証券
SBIネオモバイル証券
岡三オンライン証券

Branding EngineerのIPO主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙うことも出来ますが、価格が安いだけにポイントに見合う利益が得られるかは微妙ですね。

また、主幹事と同グループのSBIネオモバイル証券は1株からの購入になりますが、穴場になるかもしれないので要チェックです。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社