コパ・コーポレーション(7689)IPOの仮条件が決まっています。コパ・コーポレーションIPOは、同時上場するロコガイドIPOと同様に、新型コロナウイルスの影響で4月から6月にスライドしての新規上場になります。

コパ・コーポレーションIPOは、ロコガイドIPOフィーチャIPOとの3社同時上場ですが、地合いはかなり良くなっているので、それぞれにどの位の初値が付くか楽しみですね。

コパ・コーポレーション

コパ・コーポレーションIPOの関連記事

コパ・コーポレーションIPOの仕切り直しての新規上場を承認!

コパ・コーポレーションのBBスタンスとIPO評価!改めての新規上場

コパ・コーポレーションIPOの仮条件

1,850円~2,000円

コパ・コーポレーションIPOの仮条件は、想定価格の1,560円を大幅に上回るレンジになっています。

4月に新規上場しようとした時は、想定価格が2,600円だったので、仮条件の上振れも驚きはしませんが、それにしてもかなり強気ですね。

ちなみに、コパ・コーポレーションIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は14.3億円になりますが、それでも前回時(25.4億円)と比べれば、小さくなっていますね。


マネックス証券のIPOルール

コパ・コーポレーションIPOの初値予想

2,600円⇒3,000円 (公開価格比:+1,000円)

(※大手予想会社の初値予想:2,400円~2,800円)

コパ・コーポレーションIPOは3社同時上場になりますが、さほど規模(吸収金額14.3億円)は大きくないので、資金分散の影響も限定的だと思います。

また、実演販売事業は新鮮味に欠けるものの独自性があり、レジェンド松下氏などの人気実演販売士が在籍している点でも注目されそうです。

よって、コパ・コーポレーションIPOは公開価格の1.3倍程度で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

コパ・コーポレーションIPOのその他初値予想はこちら

コパ・コーポレーションIPOの幹事団

コパ・コーポレーションIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 大和証券
SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
東海東京証券
マネックス証券
岡三にいがた証券
auカブコム証券

主幹事の野村證券前受金不要(事前入金不要)でIPOに申し込めるので助かります。また、SBI証券は抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるので申し込み必須ですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社