グッドパッチ(7351)IPOの仮条件が決まっています。グッドパッチは、マザーズの小型IPOなので、次第に注目度が増しているようです。

グッドパッチは6月最後のIPOなので、良い形で締めくくって、7月のIPOにつなげてほしいですね。

グッドパッチ

グッドパッチIPOの関連記事

グッドパッチIPOの新規上場を承認!大和証券が主幹事

グッドパッチIPOのBBスタンスとIPO評価!デザイン支援IPO

グッドパッチIPOの仮条件

610円~690円

グッドパッチIPOの仮条件は、想定価格の610円を下限に上方へ拡げて設定されています。グッドパッチIPOは、新規承認時から規模の小ささで関心を集めていたので、強めの仮条件も想定の範囲内だと思います。

ちなみに、グッドパッチIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は4.6億円から5.2億円にアップしますが、小型なことに変わりないですね。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

グッドパッチIPOの初値予想

1,600円→2,100円 (公開価格比:+1,410円)

(※大手予想会社の初値予想:1,000円~1,200円)

グッドパッチIPOは、手頃な価格で規模(吸収金額5.2億円)も小さいため、需給面だけでもかなりの人気を集めると思います。

また、UIとUXに特化したデザイン支援事業も独自性があり、業績も好調に推移していることから、事業面でも関心を集めそうです。

よって、グッドパッチIPOはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約284万株)が気にはなりますが、それでも上場初日の気配上限価格である公開価格の2.3倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

グッドパッチIPOのその初値予想はこちら

グッドパッチIPOの幹事団

グッドパッチIPOの幹事団
主幹事証券 大和証券
幹事証券 SBI証券

グッドパッチIPOに申し込めるのは、主幹事の大和証券と平幹事のSBI証券だけなので、この2社に全力投球するしかないですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社