ブロードマインド(7343)IPOの仮条件が決まっています。ブロードマインドIPOは、規模が小さいために需給面で注目されているようです。

ただし、ブロードマインドIPOはイー・ロジットIPOとの同時上場というだけでなく、前日に新規上場するベビーカレンダーIPOジーネクストIPOを含む3社もしくは4社同時上場になるかもしれないので、他の銘柄の動向が気になりますね。

ブロードマインド

ブロードマインドIPOの関連記事

ブロードマインドIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

ブロードマインドIPOのBBスタンスとIPO評価!金融サービスIPO

ブロードマインドIPOの仮条件

710円~810円

ブロードマインドIPOの仮条件は、想定価格の710円を下限に上方へ拡げたレンジで設定されています。ブロードマインドIPOは、当初から注目されていたので、強気の仮条件も想定内です。

ちなみに、ブロードマインドIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は7.3億円から8.4億円にアップします。


マネックス証券のIPOは100%平等抽選

ブロードマインドIPOの初値予想

1,860円⇒1,600円 (公開価格比:+790円)

(※大手予想会社の初値予想:1,600円~1,900円)

ブロードマインドIPOは、小型(吸収金額8.4億円)でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、需給面で人気を集めると思います。

また、保険を中心としたフィナンシャルパートナー事業は、老後資金2,000万円が巷で話題になったように、個人の資産運用への意識は高まっているため、まだまだ需要が見込めそうです。

よって、ブロードマインドIPOは冒頭でも書いた通り、最大で4社同時上場になる可能性もありますが、それでも初日の気配上限価格に当たる公開価格の2.3倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ブロードマインドIPOの幹事団

ブロードマインドIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SBI証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券
あかつき証券

ブロードマインドIPOの幹事団は比較的コンパクトなので、主幹事のみずほ証券をはじめ、ネットから申し込める全ての証券会社に申し込むのがベストですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社