スパイダープラス(4192)IPOの仮条件が決まっています。スパイダープラスIPOは、建設業に特化したDX関連銘柄として注目されているようです。

ただ、スパイダープラスはAppier Groupとの同時上場で、どちらも規模が大きいため、需給面に少し不安がありますね。

スパイダープラス

スパイダープラスIPOの関連記事

スパイダープラスIPOの新規上場を承認!主幹事は野村證券

スパイダープラスIPOのBBスタンスとIPO評価!建設業DX

スパイダープラスIPOの仮条件

1,010円~1,160円

スパイダープラスIPOの仮条件は、想定価格の1,010円を下限に上方へ大きく拡げて設定されています。スパイダープラスIPOは、地合いが良いこともあって、規模がやや大きいわりに強気の仮条件になっています。

ちなみに、スパイダープラスIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は88.8億円から102億円にアップするので、ますます重く感じますね。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券は新規口座開設でIPO優遇

スパイダープラスIPOの初値予想

1,700円 (想定価格比:+690円)

(※大手予想会社の初値予想:1,500円~1,800円)

スパイダープラスIPOは、規模(吸収金額102億円)が大きくて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約178.5万株)も気になります。

また、スパイダープラスIPOはさらに規模が大きくて注目度も高いAppier Groupとの同時上場なので、需給面が良好とは言えません。

しかし、スパイダープラスは時流に乗ったDX(デジタルトランスフォーメーション)SaaSというテーマ性があるため、事業面で人気を集めそうです。

よって、スパイダープラスIPOは規模が大きいだけに地合いにも左右されると思いますが、今のところ公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

スパイダープラスIPOの幹事団

スパイダープラスIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 大和証券
SBI証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
SMBC日興証券
岡三証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
auカブコム証券
岡三オンライン証券

スパイダープラスIPOは当選枚数が多いので、主幹事の野村證券はもちろんのこと、平幹事の大和証券SBI証券などもしっかりと申し込んで当選確率をアップさせたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社