ココナラ(4176)IPOの仮条件が発表されました。ココナラIPOは、知名度抜群のスキルマーケット「ココナラ」を運営していることで注目されています。

ココナラIPOは、小型IPOのT.S.Iとの同時上場で規模も大きいため、地合いに左右されそうですが、今のところは期待できそうな雰囲気ですね。

ココナラ

ココナラIPOの関連記事

ココナラIPOの新規上場を承認!大和証券とみずほ証券が共同主幹事

ココナラIPOのBBスタンスとIPO評価!スキルマーケットIPO

ココナラIPOの仮条件

1,000円~1,200円

ココナラIPOの仮条件は、想定価格の1,000円を下限に上方へ拡げたレンジになっています。ココナラIPOは規模が大きいわりに強めの仮条件ですが、それだけ機関投資家の評価が良かったということだと思います。

ちなみに、ココナラIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は139.1億円から166.9億円にアップします。


マネックス証券のIPOは100%平等抽選

ココナラIPOの初値予想

1,800円⇒2,000円 (公開価格比:+800円)

(※大手予想会社の初値予想:1,600円~2,000円)

ココナラIPOは、海外への販売も予定されていますが、T.S.Iとの同時上場で規模(吸収金額166.9億円)も大きいため、需給面に不安があります。

また、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株の多さも気になりますが、180日のロックアップが掛かっているので、上場直後は気にしなくても良さそうです。

さらに、スキルマーケット「ココナラ」は知名度が高くて急成長を遂げているため、事業面でも関心を集めると思います。

よって、ココナラIPOは公開価格の1.5倍に当たる1,800円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ココナラIPOの幹事団

ココナラIPOの幹事団
主幹事証券 大和証券
みずほ証券
クレディ・スイス証券
幹事証券 いちよし証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券

ココナラIPOは当選枚数が比較的多いので、主幹事の大和証券みずほ証券をはじめ、SBI証券マネックス証券などの平幹事ももれなく申し込んで何とか当選したいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社