チェンジ(3962)IPOが、明日(27日)東証マザーズ市場に新規上場します。チェンジIPOは、主幹事がSBI証券なので、ポイント当選ラインや複数配分が注目されていましたが、私が調べたところでは、ポイント当選ラインが210ポイント前後で、配分数は200株だったようです。

私は、チェンジIPOの抽選に外れてしまいましたが、どのくらいの初値が付いて、1ポイント換算でいくら位になるか興味津々です。

チェンジ

チェンジIPO上場直前の初値予想

2,760円 (想定価格比:+1,610円)

(※大手予想会社の初値予想:2,400円~2,800円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:2,800円)

※主幹事証券会社の引受価格:1,104円

チェンジIPOの上場直前の初値予想は、当初から掲載していた2,760円で据え置きたいと思います。

チェンジIPOは、気配上限値段(公開価格の2.3倍)付近で初値形成すると予想していますが、初日値付かずの可能性もありそうですね。


にほんブログ村

チェンジIPOのその他初値予想はこちら

チェンジIPO初値決定前の気配運用

気配上限値段は、公募価格比2.3倍の2,760円で、更新値幅は60円で更新時間10分になります。

気配下限値段は、公募価格比0.75倍の900円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、300円以上で4,800円以下となります。


年内には、JR九州IPOだけでなく、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)とマクロミルが再上場する可能性もあるので、今のうちに証券口座を増やしておきましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ