KHネオケム(4189)IPOの仮条件が決定しました。KHネオケムIPOは、前後のIPOと程良く間隔が空いていて、日程的には恵まれていますが、それ以外に良い材料が見当たらず、相当苦戦しそうな気配です。

また、JR九州(九州旅客鉄道)IPOへの関心が高まっていることから、KHネオケムIPOへの注目度はさらに低下しそうですね。

KHネオケム

KNネオケムIPOの関連記事

KHネオケムIPOのBBスタンスとIPO評価

KHネオケムIPOの新規上場を承認

KHネオケムIPOの仮条件

1,330円~1,670円

KHネオケムIPOの仮条件は、想定価格(1,670円)を上限に下方へ拡げたレンジになっています。KHネオケムIPOは、当初から懸念要素が満載だったので、予想していた通りの弱気な仮条件になっています。

KHネオケムIPOは、にほんブログ村でも見送るという意見が多いので、公開価格が仮上限の下限(1,330円)で決まる可能性もありますね。

そうなると、KHネオケムIPOの吸収金額は、507.3億円から404億円へと減少しますが、それでも大型なことに変わりはなく、それよりも仮条件の下限で決まったことが、不人気ぶりに拍車をかけそうです。


KHネオケムIPOで幹事を務めるSMBC日興証券

KHネオケムIPOの初値予想

1,300円 (想定価格比:-370円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,670円~1,800円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,380円~1,500円)

KHネオケムIPOの初値は、公開価格が仮条件の下限で決まったとしても、公開価格を割れる可能性が高いと予想しています。

KHネオケムIPOは、IPOチャレンジポイント狙いでSBI証券に申し込む以外、あえて参加する必要は無いと思います。


にほんブログ村

KHネオケムIPOのその他初値予想はこちら

KHネオケムIPOの幹事団

KHネオケムIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SMBC日興証券
大和証券
野村証券
SBI証券
マネックス証券

KHネオケムIPOは、規模が大きくて当選枚数も多いため、申し込めば当選する可能性は高いと思います。

しかし、KHネオケムIPOは初値が公開価格を割れそうなので、当選欲しさに申し込むことはオススメ出来ません。

ただし、SBI証券は落選すればIPOチャレンジポイントが貰えるので、ポイント狙いで申し込むのもありだと思います。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

10月25日に新規上場するJR九州IPOでは、複数当選出来るかがポイントになりそうなので、早めに証券口座数を増やして、出来るだけ多くの証券会社に申込みましょう。

IPOにオススメの証券会社