シルバーエッグ・テクノロジー(3961)IPOが、明日(27日)東証マザーズ市場へ新規上場します。私は主幹事の大和証券で、シルバーエッグ・テクノロジーIPOにチャンス当選しているので、初値高騰を期待しています(笑)

シルバーエッグ・テクノロジーIPOは、チェンジIPOとの同時上場ですが、どちらも初値が跳ねそうなので、とっても楽しみですね。

シルバーエッグ・テクノロジー

シルバーエッグ・テクノロジーIPO上場直前の初値予想

2,880円 (公開価格比:+1,980円)

(※大手予想会社の初値予想:1,800円~2,100円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:2,100円)

※主幹事証券会社の引受価格:828円

シルバーエッグ・テクノロジーIPO上場直前の初値予想は、以前から予想していた2,880円で据え置きたいと思います。

シルバーエッグ・テクノロジーIPOは、初値高騰の条件が揃っているので、個人的な願望も込めて、初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

同時上場するチェンジIPOも初日値付かずの可能性がありますので、もしかすると、シルバーエッグ・テクノロジーIPO共々、翌日に持ち越すかもしれませんね。


にほんブログ村

シルバーエッグ・テクノロジーIPOのその他初値予想はこちら

シルバーエッグ・テクノロジーIPO初値決定前の気配運用

気配上限値段は、公募価格比2.3倍の2,070円で、更新値幅は45円で更新時間10分になります。

気配下限値段は、公募価格比0.75倍の675円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、225円以上で3,600円以下となります。


JR九州のような超大型のIPOでは、申し込める証券会社の数が勝負の分かれ目なので、まだ持っていない証券口座を早めに開設しておきましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ