キューブ(7112)IPOの仮条件が決まっています。キューブIPOは自社ブランドのMARK&LONA(マーク&ロナ)を中心にゴルフアパレル事業を行っていることで関心を集めています。

キューブIPOは規模の大きさが気掛かりですが、単独上場できるのは救いですね。

キューブ

キューブIPOの関連記事

キューブIPOの新規上場を承認!野村證券が主幹事

キューブIPOのBBスタンスとIPO評価!ゴルフアパレルIPO

キューブIPOの仮条件

2,000円~2,140円

キューブIPOの仮条件は、想定価格の2,140円を上限に下方へ拡げて設定されています。キューブIPOは当初から需給面が不安視されていたので、やや弱気の仮条件も納得です。

ちなみに、キューブIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は35.3億円になります。


IPOの取扱い銘柄が急増中の楽天証券

キューブIPOの初値予想

2,200円 (想定価格比:+60円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,240円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,140円~2,300円)

キューブIPOは単独上場ですが、規模(吸収金額35.3億円)が大きく、小売業も人気になりにくいため、それでも需給面に不安があります。

ただ、木村拓哉さんがキューブの主力ブランド「MARK&LONA(マーク&ロナ)」のアンバサダーを務めており、業績も好調に推移していることで一定の評価を得られるかもしれません。

よって、キューブIPOは公開価格を若干上回ったところで初値形成すると予想しています。ただ、地合い次第では公開価格を割れる可能性も無きにしも非ずだと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

キューブIPOの幹事団

キューブIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
楽天証券
auカブコム証券
LINE証券

キューブIPOは主幹事の野村證券をはじめ、ネットから申し込める証券会社ばかりで構成されています。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社