カーブスホールディングス(7085)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の2月13日から開始されます。

カーブスホールディングスは、日本で初めてのスピンオフによるIPOとして話題を呼んでいる企業です。

また、カーブスホールディングスは3月のIPO第一弾でもあるため、色々な意味で注目度も高そうですね。

カーブスホールディングス

カーブスホールディングス(東証1部又は2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名カーブスホールディングス
コード7085(サービス業)
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SMBC日興証券
いちよし証券
丸三証券
岡三証券
岡三オンライン証券
auカブコム証券
上場日3月2日
仮条件決定日2月12日(720円~750円に決定)
ブックビルディング期間2月13日から2月19日まで
公開価格決定日2月20日(750円に決定)
申込期間2月21日から2月27日まで
公募2,415,000株
売出し0株
OA362,000株
吸収金額20億円
時価総額610億円
想定価格720円→公開価格:750円
初値価格670円

SMBC日興証券 オンライントレード

カーブスホールディングスIPOの事業内容

カーブスホールディングスは、今までフィットネスジムとは無縁だった50歳以上の女性が気軽に運動を始められ、楽しく効果的に運動を続けられる場として、「女性だけの30分健康体操教室 カーブス」を運営しています。

カーブスは、2011年6月に1,000店舗、2014年10月に1,500店舗、そして2019年10月に2,000店舗を突破し、2019年11月末現在、2,008店舗で会員数86万人と順調に成長しています。

カーブスホールディングスの店舗数と売上推移

(※画像クリックで拡大)

また、カーブスはフィットネス業種において5年連続(2014~2018年度)で「顧客満足度 第1位(サービス産業生産性協議会調べ)」に選ばれています。

カーブスホールディングスの顧客満足度

IPOによる手取金の使途

  1. 連結子会社への投融資
  2. 金融機関からの借入金の返済資金

カーブスホールディングスIPOの業績

カーブスホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

カーブスホールディングスIPOの業績は、やや頭打ちといった感じもしますが、概ね堅調に推移しているようです。

カーブスホールディングスのIPO評価

カーブスホールディングスは、日本初となる株式分配型スピンオフ(現物配当)によるIPOなので、親会社のコシダカホールディングスの株を持っていれば、同数のカーブスホールディングスIPOの株が貰えるため、一般的なIPOのようなプレミア感はありません。

ただ、カーブスホールディングスは日本初のスピンオフによるIPOということで注目度が高く、初物はIPOで良い初値が付きやすいというアノマリーもプラスに働きそうです。

よって、カーブスホールディングスのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。カーブスホールディングスIPOは、公開価格をやや上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

カーブスホールディングスIPOのその他情報はこちら

カーブスホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

カーブスホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加するつもりです。

主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券はもちろんのこと、平幹事のSMBC日興証券岡三オンライン証券などにも申し込む予定です。

カーブスホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
丸三証券 BB検討中
岡三証券 BB検討中
岡三オンライン証券 BB参加
auカブコム証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング