日本国土開発(1887)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決定しています。日本国土開発IPOは、手の出しやすい価格で日程にも恵まれていますが、再上場案件ということで警戒されているようです。

日本国土開発IPOは当選枚数が多いため、多少のリスク覚悟で果敢に攻めれば、ゲット出来る可能性が高そうですね。ただ、ややリスク高めの銘柄という点は、頭の隅に入れておく必要があると思います。

日本国土開発

日本国土開発IPOの過去記事

日本国土開発IPOの初値予想!仮条件はノーマル!

日本国土開発IPOのBBスタンスとIPO評価!建設関連の再上場IPO!

日本国土開発IPOの新規上場を承認!3月のIPO第一弾!

日本国土開発IPOの配分数(割当数)

日本国土開発IPOの配分数(割当数)は、主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券90%を占めています。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、大型IPOでは当選しやすい印象なので、今回もかなり期待できると思います。

また、日本国土開発IPOは当選枚数が多いため、100%完全抽選のマネックス証券をはじめ、平幹事でも当選のチャンスがありそうです。

日本国土開発IPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
三菱UFJモルガン
・スタンレー証券

(主幹事)
12,110,600株 90% 12,111枚 A
みずほ証券 807,300株 6% 807枚 C
大和証券 269,100株 2% 404枚
極東証券 134,500株 1% -枚
マネックス証券 134,500株 1% 1,345枚 B
カブドットコム証券 ?株 ?% ?枚
合計 13,456,000株 100% 14,667枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

日本国土開発IPOのBB(ブックビルディング)は、2月21日に締め切られるので、これから申し込まれる方は、お早めにBB(ブックビルディング)して下さい。また、締切り日時は証券会社によって異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング