Fast Fitness Japan(7092)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。Fast Fitness Japanは、3社同時上場で規模も大きい点が不安視されています。

しかし、仮条件が上振れしたことから機関投資家の評価は高いことがうかがえるため、悩ましいIPOですね。

Fast Fitness Japan

Fast Fitness Japan(7092)IPOの過去記事

Fast Fitness Japanの改めのIPO新規上場を承認!

Fast Fitness JapanのIPO評価とBBスタンス!仕切り直しIPO

Fast Fitness JapanのIPO初値予想!仮条件は上振れ

Fast Fitness JapanのIPO配分数(割当数)

Fast Fitness JapanのIPO配分数(割当数)は、主幹事の野村證券90%を占めているので、当選への期待度も高まります。

また、マネックス証券SBI証券も平幹事ながら、当選枚数がそこそこあるので要チェックです。

Fast Fitness JapanのIPO配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
野村證券 (主幹事) 1,620,000株 90% 1,620枚 A
SMBC日興証券 72,000株 4% 72枚 C/td>
SBI証券 36,000株 2% 162枚 B
むさし証券 36,000株 2% -枚
マネックス証券 18,000株 1% 180枚 B
岡三証券 18,000株 1% 18枚
岡三オンライン証券 ?株 ?% ?枚
合計 1,800,000株 100% 2,052枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Fast Fitness Japan(7092)IPOのBB(ブックビルディング)は、12月4日に締め切られるので、これから申し込まれる方は、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、早めに申し込んでください。

また、主幹事の野村證券は締切りが一日早く、明日(12月3日午後11時59分)で締め切られるので注意してください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株ランキング