東京通信(7359)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の12月8日からスタートします。

東京通信は、主にスマホ向けのゲームアプリを開発している企業です。

東京通信は、IPOラッシュ終盤でのグローバルインフォメーションとの同時上場になるため、買い疲れ影響が少し気になりますね。

東京通信

東京通信(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名東京通信
コード7359(サービス業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
岩井コスモ証券
いちよし証券
SBI証券
マネックス証券
楽天証券
松井証券
上場日12月24日
仮条件決定日12月4日(1,200円~1,250円に決定)
ブックビルディング期間12月8日から12月14日まで
公開価格決定日12月15日(1,250円に決定)
申込期間12月16日から12月21日まで
公募610,000株
売出し390,000株
OA150,000株
吸収金額14.4億円
時価総額61.7億円
想定価格1,250円→公開価格:1,250円
初値価格2,484円

東京通信IPOの事業内容

東京通信は、インターネット広告への集客と効果最大化のノウハウに自信を持つITマーケティング企業であり、アプリ事業及び広告代理事業を主な事業として行っています。

アプリ事業では、主にスマートフォン向けの無料カジュアルゲームアプリを企画・開発し、アプリ内の一部スペースを広告枠として、広告を出稿したい広告主へ提供することでユーザーのクリック数等を獲得し、広告収入を得る事業を展開しています。

東京通信のアプリ事業
東京通信のゲームアプリ代表例

広告代理事業では、主にテクノロジーを活用したアフィリエイト広告(成果報酬型広告)代理事業を展開しており、2019年12月期より運用型広告にも取り組んでいます。

東京通信は、独自のワンタグシステムの提供により、国内主要ASPへの一括出稿及び効率的な成果管理を可能にしています。

東京通信の広告代理事業

さらに、東京通信は投資事業、ソリューションセールス事業及び新規事業開発等にも取り組んでいます。

東京通信IPOの事業系統図

東京通信の事業系統図

IPOによる手取金の使途

  1. アプリ事業において、当社グループが提供するアプリのユーザー獲得のための広告宣伝費
  2. 今後の事業規模拡大のために必要な人材の採用費及び人件費
  3. 子会社株式の取得資金のために当社が借り入れた、銀行からの借入金の返済資金

東京通信IPOの業績

東京通信の業績

(※画像クリックで拡大)

東京通信IPOの売上は右肩上がりで、利益も順調に伸びていて好調そうですね。

東京通信のIPO評価

東京通信は、グローバルインフォメーションとの同時上場になります。ただ、吸収金額は両方合わせても約23.3億円なので十分にこなせそうです。

しかし、IPOラッシュ終盤ということで買い疲れの影響を受ける可能性はありますね。

また、性別を問わず、幅広い年齢層が楽しめる無料のカジュアルゲームアプリはまだまだ需要が見込め、業績も好調に推移していることから、事業面で注目されると思います。

よって、東京通信のIPO評価は、Bが妥当だと考えています。東京通信IPOは、公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

東京通信IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

東京通信IPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨むつもりです。主幹事の野村證券を中心に、SBI証券マネックス証券などの平幹事ももれなく申し込む予定です。

東京通信IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
楽天証券 BB参加
松井証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング