Fast Fitness Japan(7092)IPOの仮条件が発表されました。Fast Fitness Japanは、新型コロナウィルスの影響で3月の新規上場を延期していましたが、仕切り直して何とか年内の上場にたどり着いた感じです。

ただ、フィットネスクラブはコロナの影響を強く受けている業種なので、コロナが収束してない現状での新規上場は、時期尚早という気もしますね。

Fast Fitness Japan

Fast Fitness Japanの関連記事

Fast Fitness Japanの改めのIPO新規上場を承認!

Fast Fitness JapanのIPO評価とBBスタンス!仕切り直しIPO

Fast Fitness JapanのIPO仮条件

2,000円~2,250円

Fast Fitness JapanのIPO仮条件は、想定価格の1,860円を上回るレンジで設定されています。

Fast Fitness Japanは、コロナによる仕切り直し組ということもあって、以前よりもややパワーダウンしている感じだったので、仮条件の上振れには驚きました。

ちなみに、Fast Fitness Japanの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は38.5億円から46.6億円にアップするので重く感じますね

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券は新規口座開設でIPO優遇

Fast Fitness JapanのIPO初値予想

2,300円⇒2,500円 (公開価格比:+250円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,250円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,250円~2,600円)

Fast Fitness Japanは、3月に新規上場しようとした時よりも想定価格(2,470円→1,860円)を引き下げたため、吸収金額(51.1億円から38.5億円)も小さくなり、やや買いやすい感じになっていました。

しかし、仮条件が上振れしたため、公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は46.6億円となり、前回とあまり変わり映えしません。

仮条件の上振れは好材料と捉えられることが多いですが、ローランドIPOバルミューダIPOとの3社同時上場ということも考えると、裏目に出そうな気がします。

ただ、エニタイムフィットネスは知名度があり、新型コロナウィルスの感染予防対策を前面に打ち出している点もプラス要素です。

よって、Fast Fitness Japan(7092)IPOは、公開価格を若干上回ったところで初値形成すると予想しています。

ただし、新型コロナウィルスの感染状況や地合い次第では、公開価格を割れる可能性もありそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Fast Fitness JapanのIPO幹事団

Fast Fitness JapanのIPO幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 SMBC日興証券
SBI証券
むさし証券
マネックス証券
岡三証券
岡三オンライン証券

Fast Fitness Japan(7092)IPOは、当選枚数がそれなりにあるため、主幹事の野村證券ならチャンスがありそうです。また、100%平等抽選のマネックス証券も要チェックです。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社