グローバルセキュリティエキスパート(4417)IPOの仮条件が決まっています。グローバルセキュリティエキスパートIPOはGSX標的型メール訓練サービス(トラップメール)を提供していることで注目されています。

ただ、グローバルセキュリティエキスパートはHYUGA PRIMARY CAREJDSCとの3社同時上場になるので、資金分散の影響が気になりますね。

グローバルセキュリティエキスパート

グローバルセキュリティエキスパートIPOの関連記事

グローバルセキュリティエキスパートIPOの新規上場を承認!SMBC日興証券が主幹事

グローバルセキュリティエキスパートIPOのBBスタンスとIPO評価!セキュリティ関連IPO

グローバルセキュリティエキスパートIPOの仮条件

2,680円~2,800円

グローバルセキュリティエキスパートIPOの仮条件は、想定価格の2,770円を挟んで下方にやや広いレンジになっています。

ちなみに、グローバルセキュリティエキスパートIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は19.1億円から19.3億円にアップします。

SMBC日興証券 オンライントレード
グローバルセキュリティエキスパートIPO主幹事のSMBC日興証券

グローバルセキュリティエキスパートIPOの初値予想

3,800円 (想定価格比:+1,030円)

(※大手予想会社の初値予想:3,500円~4,000円)

↓(上場直前の初値予想)

3,400円 (公開価格比:+600円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:3,300円)

グローバルセキュリティエキスパートIPOは規模(吸収金額19.3億円)がそれほど大きいわけではありませんが、3社同時上場になるため、それでも需給面にやや不安があります。

ただ、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)化が進むなか、サイバーセキュリティへの需要もますます高まりそうなことから、事業面で関心を集めると思います。

よって、グローバルセキュリティエキスパートIPOは公開価格の約1.35倍に当たる3,800円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

グローバルセキュリティエキスパートIPOの幹事団

グローバルセキュリティエキスパートIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 SBI証券
みずほ証券
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
松井証券
岩井コスモ証券
東洋証券
auカブコム証券

グローバルセキュリティエキスパートIPOは主幹事のSMBC日興証券をはじめ、ほとんどがネットから申し込めるので、もれなく申し込んで少しでも当選確率をアップさせたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社