True Data(4416)IPOの仮条件が発表されました。True Dataはビッグデータ関連のIPOとして関心を集めています。

ただ、True DataはIPOラッシュ序盤ではありますが、ブロードエンタープライズとの同時上場になるので、資金分散の影響を受けそうですね。

True Data

True Data(4416)IPOの関連記事

True DataのIPO新規上場を承認!いちよし証券が主幹事

True DataのIPO評価とBBスタンス!ビッグデータ関連IPO

True DataのIPO仮条件

2,000円~2,220円

True DataのIPO仮条件は、想定価格の2,220円を上限に下方へ拡げて設定されています。True Dataは需給面に不安があったので、やや弱めの仮条件も納得です。

ちなみに、True DataのIPO公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は31.5億円になります。


マネックス証券のIPOは100%平等抽選

True DataのIPO初値予想

2,500円 (想定価格比:+280円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,600円~3,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,500円~2,900円)

True Dataはブロードエンタープライズとの同時上場で、規模(吸収金額31.5億円)もやや大きいため、需給面に不安があります。

また、True Dataは公募株(170,000株)と比べて売出株(1,063,400株)が非常に多いため、投資ファンドのイグジット案件として警戒されそうです。

ただ、ビッグデータ関連事業はIPOで安定した人気があるため、事業面でそれなりに注目されそうです。

よって、True Dataは公開価格を多少上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

True dataのIPO幹事団

True dataのIPO幹事団
主幹事証券 いちよし証券
幹事証券 みずほ証券
大和証券
マネックス証券
SBI証券
松井証券
楽天証券
東洋証券
極東証券
水戸証券
岡三証券
CONNECT
むさし証券
岡三オンライン証券

主幹事のいちよし証券は抽選配分率が1%しかないため、平幹事でも100%平等抽選のマネックス証券楽天証券の方がチャンスはありそうです。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社