ハイブリッドテクノロジーズ(4260)IPOの仮条件が決まっています。ハイブリッドテクノロジーズIPOは日本とベトナムの融合によるDX支援サービスを提供していることで注目されています。

ハイブリッドテクノロジーズIPOは同時上場する5社の中で規模が一番小さく、手の出しやすい価格なので、他の銘柄より需給面は良い方ですね。

ハイブリッドテクノロジーズ

ハイブリッドテクノロジーズIPOの関連記事

ハイブリッドテクノロジーズIPOの新規上場を承認!SBI証券が主幹事

ハイブリッドテクノロジーズIPOのBBスタンスとIPO評価!DX関連IPO

ハイブリッドテクノロジーズIPOの仮条件

460円~500円

ハイブリッドテクノロジーズIPOの仮条件は、想定価格の460円を下限に上方へわずかに拡げて設定されています。

ちなみに、ハイブリッドテクノロジーズIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は13.2億円から14.3億円にアップします。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
ハイブリッドテクノロジーズIPO主幹事のSBI証券

ハイブリッドテクノロジーズIPOの初値予想

650円 (想定価格比:+190円)

(※大手予想会社の初値予想:550円~650円)

ハイブリッドテクノロジーズIPOは5社同時上場ですが、手ごろ価格で規模(14.3億円)もどちらかと言えば小さいため、需給面はそこまで悪くはありません。

ハイブリッド型サービスはやや分かりにくいですが、今が旬のDX(デジタルトランスフォーメーション)というテーマ性で関心を集めそうです。

よって、ハイブリッドテクノロジーズIPOは公開価格の1.3倍に当たる650円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ハイブリッドテクノロジーズIPOの幹事団

ハイブリッドテクノロジーズIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 SMBC日興証券
みずほ証券
岡三証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
水戸証券
極東証券
松井証券
SBIネオモバイル証券
SBIネオトレード証券
岡三オンライン証券

主幹事のSBI証券は当選枚数が多めなのでチャンスがありそうです。ただ、IPOチャレンジポイントを使うには単価が安いですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社