THECOO(4255)IPOの仮条件が決まっています。THECOO(ザクー)はファンコミュニティプラットフォーム「Fanicon」を運営していることで関心を集めています。

ただ、THECOOはかなりの値がさ(100株で718,000円)なので、異例のIPOラッシュ中にはたして資金が集まるか判断が難しいですね。

THECOO

THECOO(4255)IPOの関連記事

THECOOのIPO新規上場を承認!みずほ証券と大和証券が共同主幹事

THECOOのIPO評価とBBスタンス!値がさIPO

THECOOのIPO仮条件

7,000円~7,200円

THECOOのIPO仮条件は、想定価格の7,180円を挟みながらも下方に広いレンジで設定されています。

7,180円でもかなりの値がさなのに、公開価格が仮条件の上限で決まったら、さらに値がさになってしまいますね。

ちなみに、THECOOのIPO公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は41.3億円から41.5億円にアップします。


マネックス証券のIPOは100%平等抽選

THECOOのIPO初値予想

7,200円 (想定価格比:+20円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:7,500円~8,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:7,200円~8,200円)

THECOOは想定価格が7,180円(100株で718,000円)と相当な値がさなので、IPOラッシュ中の6社同時上場という状況では、資金が集まるのか疑問です。

また、THECOOは規模(吸収金額41.5億円)も大きめですが、値がさだけに当選枚数は少ないので希少性はあります。

さらに、アーティストやインフルエンサーなどのFanicon事業も面白味を感じます。ただし、業績は赤字なので、それでもやはり資金を集めるのは難しそうな気もします。

結局のところ、THECOOの初値は公開価格を大きく上回る可能性も下回る可能性もありそうなので、非常に予想が難しいですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

THECOOのIPO幹事団

THECOOのIPO幹事団
主幹事証券 みずほ証券
大和証券
幹事証券 野村證券
いちよし証券
SBI証券
マネックス証券
楽天証券
東洋証券
極東証券
あかつき証券

THECOOは値がさで当選枚数が少ないので、ゲットするのはかなり難しそうです。ちなみに、私は資金を回す余裕がないため、完全スルーになる予定です。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社