マーキュリアインベストメント(7190)IPOの仮条件が決まりました。マーキュリアインベストメントは、IPO的に不人気な投資ファンドという事業内容で、上場市場も東証2部ということから、手を出しにくい銘柄ですね。

マーキュリアインベストメント

マーキュリアインベストメントIPOの関連記事

マーキュリアインベストメントIPOのBBスタンスとIPO評価

マーキュリアインベストメントIPOの新規上場を承認

マーキュリアインベストメントIPOの仮条件

1,400円~1,450円

マーキュリアインベストメントIPOの仮条件は、想定価格(1,640円)を大幅に下回るレンジになっています。ここまで仮条件が下振れしたということは、やはりあまり人気が無いということでしょうね。

にほんブログ村でも、消極的なスタンスの方が多そうなので、注目度も低そうです。ちなみに、公開価格が仮条件の上限で決まった場合は、吸収金額が17.2億円から15.2億円へとダウンしますが、微妙なことに変わりはないですね。


マーキュリアインベストメントIPO主幹事のSMBC日興証券

マーキュリアインベストメントIPOの初値予想

1,450円 (想定価格比:-190円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,640円~1,800円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,450円~1,600円)

マーキュリアインベストメントIPOは、公開価格付近で初値形成すると予想しています。公開価格割れの可能性もあるため、積極的には参加しづらいですね。

ただし、SBI証券は抽選に外れればIPOチャレンジポイントが貰えるので、ポイント狙いで参加しても良いですね。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説


にほんブログ村

マーキュリアインベストメントIPOのその他初値予想はこちら

マーキュリアインベストメントIPOの幹事団

マーキュリアインベストメントIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 SBI証券
マネックス証券
岡三証券
SMBCフレンド証券
エース証券
丸三証券
岩井コスモ証券
松井証券


抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券

マーキュリアインベストメントIPOは、そこそこの規模で人気もあまり無さそうなので、比較的当選しやすい部類に入ると思います。しかし、当選欲しさに申し込むのは危険ですね。

また、松井証券がひっそりと委託幹事入りしています。松井証券は、ユーザベースIPOやJR九州IPOでも幹事団入りしているので、今後のために口座開設しておいても良いかもしれません。⇒(松井証券のIPOルール


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

超大型なユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)とマクロミルが、年内に再上場するかもしれませんので、今のうちに証券口座を増やしておくことをオススメします。

IPOにオススメの証券会社