i-plug(4177)IPOの仮条件が発表されました。i-plugは、学生から人気の新卒逆求人サイトの「OfferBox(オファーボックス)」を運営していることで期待感が高まっているようです。

また、i-plugはIPOラッシュ中にもかかわらず、単独上場できることもプラス要素ですね。

i-plug

i-plug(4177)IPOの関連記事

i-plugのIPO新規上場を承認!大和証券が主幹事

i-plugのIPO評価とBBスタンス!就活支援IPO

i-plugのIPO仮条件

2,470円~2,620円

i-plugのIPO仮条件は、想定価格の2,470円を下限に上方へ拡げたレンジになっています。i-plugは、新規承認時から注目されていたので、強気の仮条件も納得です。

ちなみに、i-plugのIPO公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は14.5億円から15.4億円にアップします。


マネックス証券のIPOは100%完全抽選

i-plugのIPO初値予想

8,000円 (想定価格比:+5,530円)

(※大手予想会社の初値予想:5,200円~6,000円)

i-plugは、単独上場で規模(吸収金額15.4億円)もどちらかと言えば小さいため、需給面は良好だと思います。

また、新卒逆求人サイト「OfferBox(オファーボックス)」は就活生の約3人に1人が利用しているというだけあって知名度が高く、AI(人工知能)ビッグデータというテーマ性でも注目されそうです。

よって、i-plugはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株(40万株)が気になりますが、それでもVCのロックアップが解除される公開価格の1.5倍は軽くクリアし、初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

i-plugのIPO幹事団

i-plugのIPO幹事団
主幹事証券 大和証券
幹事証券 みずほ証券
SBI証券
岡三証券
いちよし証券
マネックス証券
松井証券
岡三オンライン証券

i-plugは当選枚数が少ないので、主幹事の大和証券はもちろんのこと、SBI証券マネックス証券などの幹事証券ももれなく申し込んで、少しでも当選確率をアップさせたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社