毎年1月はIPO閑散期なので、今年もIPOの新規上場はありません。しかし、2月はすでに4銘柄のIPOが新規承認されています。

そこで、2021年に新規上場したIPOの騰落率ワースト5をリストアップしてみました。

今年(2022年)のIPOでは、騰落率ワースト5に入ってくるような銘柄はなるべくスルーしたいですね。

IPO騰落率ワースト5

2021年のIPO騰落率ワースト5
順位 銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
市場
規模
公募価格
初値価格
利益
騰落率
1位

2585
Finatext
ホールディングス
12月22日
大和証券
三菱UFJモルガン
・スタンレー証券
マザーズ
229.6億円
1,290円
990円
-300円
-23.3%
2位

7134
クルーバー
12月23日
みずほ証券
ジャスダック
17億円
2,160円
1,800円
-360円
-16.7%
3位

4255
THECOO
12月22日
みずほ証券
大和証券
マザーズ
41.5億円
7,200円
6,100円
-1,100円
-15.3%
4位

2934
ジェイフロンティア
8月27日
SBI証券
マザーズ
36.9億円
4,190円
3,560円
-630円
-15%
5位

4259
エクサウィザーズ
12月23日
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン
・スタンレー証券
マザーズ
372.7億円
1,150円
1,030円
-120円
-10.4%

騰落率={(初値価格-公募価格)÷公募価格}×100

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

2021年のIPO騰落率ワースト5では、前代未聞のIPOラッシュとなった12月に新規上場したIPOが4銘柄もランクインしています。

なかでも、THECOOはあまりの値がさということで話題になっていましたが、初値は公開価格を11万円も下回るという悲惨な結果に終わっています。

やはり、行き過ぎたIPOラッシュがこのような結果を招いた大きな要因と言えそうです。

今年も多くのIPOが新規上場すると言われていますが、昨年の反省をふまえてしっかりとスケジュール調整してほしいですね。


IPO・新規公開株ランキング

今年の2月と3月は、4月に東証の市場再編が行われるため、例年よりも多くのIPOが新規上場すると言われているので、その時になって慌てないように、今のうちから準備しておくことをオススメします。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社