property technologies(5227)IPOの仮条件が発表されました。property technologies(プロパティ・テクノロジーズ)は不動産テック関連IPOとして関心を集めています。

property technologiesはIPOラッシュの幕開けとなる銘柄なので、少しでも良い初値を付けてほしいですね。

property technologies

property technologies(5227)IPOの関連記事

property technologiesのIPO新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

property technologiesのIPO評価とBBスタンス!不動産テックIPO

property technologiesのIPO仮条件

2,890円~2,950円

property technologiesのIPO仮条件は、想定価格の2,920円を中間に挟んだノーマルな設定になっています。

ちなみに、property technologiesのIPO公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は25億円から25.3億円にアップします。

マネックス証券
マネックス証券のIPOは100%平等抽選

property technologiesのIPO初値予想

3,100円 (想定価格比:+150円)

(※大手予想会社の初値予想:3,200円~3,500円)

property technologiesは中規模(吸収金額25.3億円)ですが、単独上場で日程にも恵まれているため、需給面は悪くありません。

また、不動産事業はどちらかと言えばIPOで不人気ですが、AI査定に注力していることから不動産テックというテーマ性と業績の良さで注目されそうです。

よって、property technologiesは公開価格を5%程度上回る3,100円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

property technologiesのIPO幹事団

property technologiesのIPO幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SBI証券
楽天証券
松井証券
マネックス証券
ひろぎん証券

property technologiesのIPO幹事団は、ひろぎん証券以外はネットから申し込める証券会社で構成されています。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社