サイフューズ(4892)IPOの仮条件が決まっています。サイフューズIPOはバイオ3Dプリンタによる再生医療ベンチャーとして関心を集めています。

サイフューズは12月のIPO第一弾ですが、赤字のバイオベンチャーなので、それでも需給面に不安がありますね。

サイフューズ

サイフューズIPOの関連記事

サイフューズIPOの新規上場を承認!主幹事はSBI証券

サイフューズIPOのBBスタンスとIPO評価!再生医療IPO

サイフューズIPOの仮条件

1,470円~1,620円

サイフューズIPOの仮条件は、想定仮条件(1,470円~2,020円)よりも上限を大幅に引き下げたレンジになっています。

ちなみに、サイフューズIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は想定価格ベースで30.7億円から28.5億円にダウンします。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
サイフューズIPO主幹事のSBI証券

サイフューズIPOの初値予想

1,620円 (想定価格比:-125円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,020円~2,200円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,620円~1,800円)

↓(上場直前の初値予想)

1,700円 (公開価格比:+80円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,750円)

サイフューズは12月最初のIPOですが、規模(吸収金額28.5億円)がやや大きく、仮条件も想定価格(1,745円(想定仮条件1,470円~2,020円の平均価格))より下振れしたため、それでも需給面で警戒されると思います。

また、サイフューズIPOは業績も赤字ですが、バイオ3Dプリンタという独自性のある技術で注目されるかもしれません。

よって、サイフューズIPOは今のところ公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

サイフューズIPOの幹事団

サイフューズIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 岡三証券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券
アイザワ証券
東洋証券
松井証券
水戸証券
SBIネオトレード証券
岡三オンライン
auカブコム証券

サイフューズIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙うこともできます。

しかし、サイフューズIPOはややリスクがあるため、ポイントを使われる方は少なそうですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社