トヨクモ(4058)IPOの仮条件が発表されました。トヨクモIPOは、グラフィコIPOまぐまぐIPOとの3社同時上場ですが、マザーズの小型IPOなので、それでもかなりの人気を集めそうです。

また、いちよし証券が主幹事を務めたティアンドエスIPOが上場から一ヶ月足らずでテンバガー(株価10倍)を達成したため、トヨクモIPOへの期待度も高まっているようですね。

トヨクモ

トヨクモIPOの関連記事

トヨクモIPOの新規上場を承認!いちよし証券が主幹事

トヨクモIPOのBBスタンスとIPO評価!クラウド関連IPO

トヨクモIPOの仮条件

1,800円~2,000円

トヨクモIPOの仮条件は、想定価格の1,800円を下限に上方へ拡げて設定されています。トヨクモIPOは、以前から注目されていたので、強気の仮条件も納得です。

ちなみに、トヨクモIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は9.9億円から11億円にアップします。


IPOは100%完全抽選のマネックス証券

トヨクモIPOの初値予想

6,000円 (想定価格比:+4,200円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,800円~4,400円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:4,000円~4,600円)

トヨクモIPOは、グラフィコIPOまぐまぐIPOとの3社同時上場で、ロックアップのかかっていないVC(ベンチャーキャピタル)の保有株(35万株)も少し気になりますが、いまの地合いなら十分にこなせると思います。

また、クラウド関連事業はIPOで人気になりやすく、業績も好調に推移しているため、事業面でも注目されそうです。

よって、トヨクモIPOは初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

トヨクモIPOのその他初値予想はこちら

トヨクモIPOの幹事団

トヨクモIPOの幹事団
主幹事証券 いちよし証券
幹事証券 大和証券
SMBC日興証券
岩井コスモ証券
SBI証券
極東証券
東洋証券
マネックス証券
むさし証券

主幹事のいちよし証券は抽選配分比率が10%から1%に改悪されてしまったので、SMBC日興証券マネックス証券などの平幹事の方が期待できそうです。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社