グラフィコ(4930)IPOの仮条件が発表されました。グラフィコIPOは、主幹事がIPOチャレンジポイントで当選を狙うこともできるSBI証券ということで注目されているようです。

また、グラフィコIPOは9月に新規上場するIPOの中でも一番の値がさなので、上手くハマれば大きな利益が得られそうですね。

グラフィコ

グラフィコIPOの関連記事

グラフィコIPOの新規上場を承認!SBI証券が主幹事

グラフィコIPOのBBスタンスとIPO評価!改めての新規上場

グラフィコIPOの仮条件

3,850円~4,090円

グラフィコIPOの仮条件は、想定価格の3,850円を下限に上方へ拡げたレンジになっています。

グラフィコIPOは、新規承認時からそれなりに注目されていたので、やや強めの仮条件も想定内です。

ちなみに、グラフィコIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は12.4億円から13.2億円にアップしますが大差ないですね。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

グラフィコIPOの初値予想

7,000円 (想定価格比:+3,150円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:4,500円~5,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:5,500円~6,500円)

グラフィコIPOは、同時上場する3社の中でも規模が一番大きいですが、それでも吸収金額は13.2億円で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株もないため、あまり心配する必要はないと思います。

また、グラフィコIPOは累計販売数100万個超えのヒット商品を複数展開していて、業績が好調なことでも関心を集めそうです。

よって、グラフィコIPOは公開価格の1.7倍程度で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

グラフィコIPOのその他初値予想はこちら

グラフィコIPOの幹事団

グラフィコIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 大和証券
SMBC日興証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
藍澤證券
東洋証券

主幹事のSBI証券は、同時上場するまぐまぐIPOでも主幹事を務めているので、IPOチャレンジポイントの利用を検討されている方は、どちらで使うか悩みどころですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社