レナサイエンス(4889)IPOの仮条件が決まっています。レナサイエンスIPOは、新型コロナウィルス肺炎治療薬の開発に取り組んでいるバイオベンチャーとして関心を集めています。

レナサイエンスIPOは、3社同時上場と4社同時上場との狭間での単独上場という点はプラスに働きそうです。

しかし、IPOラッシュ中に変りはないので、需給面が良好とまでは言えませんね。

レナサイエンス

レナサイエンスIPOの関連記事

レナサイエンスIPOの新規上場を承認!SMBC日興証券が主幹事

レナサイエンスIPOのBBスタンスとIPO評価!バイオIPO

レナサイエンスIPOの仮条件

630円~670円

レナサイエンスIPOの仮条件は、想定価格の630円を下限に上方へ少しだけ拡げたレンジになっています。

ちなみに、レナサイエンスIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は21.4億円から22.7億円にアップします。

SMBC日興証券 オンライントレード
レナサイエンスIPO主幹事のSMBC日興証券

レナサイエンスIPOの初値予想

800円 (想定価格比:+170円)

(※大手予想会社の初値予想:770円~870円)

レナサイエンスIPOは、それなりの規模(吸収金額22.7億円)でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約288万株)も気になります。

ただし、レナサイエンスIPOは欧州及びアジアを中心とした海外市場(米国及びカナダを除く)への販売も予定されているため、海外での人気次第といった面もあります。

また、レナサイエンスIPOは赤字のバイオベンチャーという点でも警戒されると思います。

しかし、レナサイエンスIPOは新型コロナウィルス肺炎治療薬の開発に取り組んでおり、AI医療ソリューションへの期待感もあるため、それでも事業面で注目されそうです。

よって、レナサイエンスIPOは公開価格の約1.2倍に当たる800円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

レナサイエンスIPOの幹事団

レナサイエンスIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 大和証券
SBI証券
極東証券
東洋証券
いちよし証券
丸三証券

レナサイエンスIPOの幹事団は、主幹事のSMBC日興証券をはじめ、ネットから申し込める証券会社が大半なので、幅広く申し込むのがベストですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社