コロナの影響で4月の新規上場を延期していたSANEI(6230)IPOの改めてのBB(ブックビルディング)が、翌週の12月10日から始まります。

SANEIは小型ですが、東証2部の地味な銘柄で、IPOラッシュ終盤での3社同時上場ということも考えると、注目度は低くそうですね。

SANEI

SANEI(東証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名SANEI
コード6230(機械)
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
SMBC日興証券
auカブコム証券
松井証券
上場日12月25日
仮条件決定日12月8日(2,050円~2,200円に決定)
ブックビルディング期間12月10日から12月16日まで
公開価格決定日12月17日(2,200円に決定)
申込期間12月18日から12月23日まで
公募260,000株
売出し200,000株
OA69,000株
吸収金額10.8億円
時価総額45.5億円
想定価格2,050円→公開価格:2,200円
初値価格3,525円

SMBC日興証券 オンライントレード

SANEI(6230)IPOの事業内容

SANEIは、主に水まわりの製品(給水栓・給排水金具・継手及び配管部材等)の製造・販売を行っている水栓金具メーカーです。

SANEIは、「水まわりにおける住空間全体をトータルに提案できるメーカー」を目指し、様々な住空間に調和するようなデザインの製品を「水域/面」展開を通して提供しています。

SANEIの主な製品ブランド

SANEIは従来とは異なる水栓として、高級グレードを中心に空間コンセプトに調和するデザインやブランドを展開しています。

SANEIのブランド分布

IPOによる手取金の使途

  1. 岐阜工場における加飾鍍金設備の投資資金
  2. 岐阜工場における水栓本体生産設備の投資資金
  3. 岐阜工場における鍍金設備更新の投資資金

SANEI(6230)IPOの業績

SANEIの業績

(※画像クリックで拡大)

SANEIの業績は東証2部らしく横ばいですが、特に問題はなさそうですね。

SANEIのIPO評価

SANEIは小型(吸収金額10.8億円)ですが、東和ハイシステムファンペップとの3社同時上場なので、需給面が良好とは言えません。

また、SANEIはIPOで人気になりにくい東証2部の水栓金具メーカーなので、事業面もインパクトに欠けます。

よって、SANEIのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。SANEI(6230)IPOは、公開価格を多少上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SANEI(6230)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

SANEI(6230)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで必ず申し込むつもりです。

SANEI(6230)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB検討中
野村證券 BB検討中
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB検討中
SBI証券 BB参加
SMBC日興証券 BB検討中
auカブコム証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング