タスキ(2987)IPOが、明日(10月2日)東証マザーズ市場へ新規上場します。タスキIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使って当選することも可能でした。

しかし、ポイント当選配分数は複数配分が濃厚だったのに予想外の100株だったため、ポイントを使われた方にとってはやや残念な結果になっています。

それだけに、少しでも高い初値を付けてほしいところですが、東京証券取引所がハードウェアの障害によって本日の売買を停止したため、明日はヘッドウォータースIPOアクシスIPOとの3社同時上場になってしまったので、波乱含みの展開になりそうですね。

いずれにしても、明日は障害が回復して、正常な取引が行われることを祈るばかりです。

タスキ

タスキIPOの過去記事

タスキIPOの新規上場を承認!SBI証券が主幹事

タスキIPOのBBスタンスとIPO評価!不動産テックIPO

タスキIPOのポイント当選ライン予測と配分数!

タスキIPOの抽選結果と当選ポイント数!

タスキIPO上場直前の初値予想

2,700円 (公開価格比:+2,030円)

(※大手予想会社の初値予想:1,350円~1,550円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,550円)

※主幹事証券会社の引受価格:616.40円

タスキIPO上場直前の初値予想は、仮条件決定時にアップしていた2,700円で据え置きたいと思います。

タスキは、10月のIPO第一弾で規模も(吸収金額2.3億円)小さく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、間違いなく人気化すると思います。

また、タスキはIPOで人気の不動産テックIoTというテーマ性があり、業績も良いことから、事業面でも注目されそうです。

よって、タスキIPOは初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

タスキIPOのその他初値予想はこちら

タスキIPO初値決定前の気配運用

タスキIPO初値決定前の気配上限値段は、公開価格比2.3倍の1,541円で、更新値幅34円の更新時間10分になります。

また、気配下限値段は公開価格比0.75倍の503円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、168円以上で2,680円以下となります。

※上記の気配運用は、東証が障害によって本日の取引を停止したため、まだ正式な情報がアップされていないので、およその数値になっています。正式な情報が分かり次第、数値を更新する予定なので、何卒ご了承ください。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング