テクノロジーズ(5248)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。

テクノロジーズは今年のIPO第一弾というだけでなく、IT関連の小型IPOなので、かなり注目されると思います。

主幹事の東洋証券はネットから申し込めませんが、それだけにもし平幹事で当選できたら喜びも倍増ですね。

テクノロジーズ

テクノロジーズIPOの過去記事

テクノロジーズIPOの新規上場を承認!東洋証券が主幹事

テクノロジーズIPOのBBスタンスとIPO評価!2023年のIPO第一弾

テクノロジーズIPOの初値予想!仮条件はやや強気

テクノロジーズIPOの配分数(割当数)

テクノロジーズIPOの配分数(割当数)は、主幹事の東洋証券が83%を占めていますが、残念ながらネットからは申し込めません。

ただ、平幹事のSBI証券マネックス証券なども当選枚数がそこそこあるので、もれなく申し込んで当選を狙いたいですね。

テクノロジーズIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
東洋証券 (主幹事) 581,000株 83% 581枚
SBI証券 42,000株 6% 189枚 A
東海東京証券 14,000株 2% 14枚
マネックス証券 14,000株 2% 140枚 B
楽天証券 14,000株 2% 140枚 B
極東証券 7,000株 1% -枚
松井証券 7,000株 1% 70枚 C
岩井コスモ証券 7,000株 1% 7枚
水戸証券 7,000株 1% -枚
あかつき証券 7,000株 1% -枚
合計 700,000株 100% 1,141枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

マネックス証券
マネックス証券のIPOは100%平等抽選

テクノロジーズIPOのBB(ブックビルディング)は昨日(1月11日)から始まっているので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら忘れずに申し込んでください

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社