テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の12月3日から始まります。テクノスデータサイエンス・エンジニアリングはそこそこの規模ですが、マザーズのビッグデータ関連IPOとして注目されているようです。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングは、IPOラッシュ真っ只中での新規上場というだけでなく、翌日に超大型なソフトバンクが控えるというタイトな日程ですが、それでもかなりの人気を集めそうですね。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名テクノスデータサイエンス・エンジニアリング
コード7046
主幹事証券いちよし証券
幹事証券(委託含む)大和証券
みずほ証券
SBI証券
極東証券
マネックス証券
エース証券
むさし証券
ライブスター証券
上場日12月18日
仮条件決定日11月29日(2,900円~3,200円に決定)
ブックビルディング期間12月3日から12月7日まで
公開価格決定日12月10日(3,200円に決定)
申込期間12月11日から12月14日まで
公募190,000株
売出し346,000株
OA80,000株
吸収金額17.9億円
時価総額63.8億円
想定価格2,900円→公開価格:3,200円
初値価格初値決定後に追記

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOの事業内容

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングは、「ビッグデータ・AIソリューションサービス」と「AI製品等ロイヤリティサービス」を提供している企業です。

ビッグデータ・AIソリューションサービスでは、データ経営コンサルティング、データ解析支援、人材育成及び組織組成支援、デジタル戦略システム構築など、データ経営を目指す企業向けに総合的なソリューションサービスを提供しています。

AI製品等ロイヤリティサービスでは、自社独自AI製品「scorobo」シリーズや他社AI製品「NetBase」などの製品販売、または業務特有のAIモジュールを顧客企業向けに提供し、使用料及び運用保守料を受領するストック型サービスを行っています。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングのサービス体系図

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングのサービス体系図

(※画像クリックで拡大)

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOの業績

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングの業績

(※画像クリックで拡大)

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOの売上は、右肩上がりで伸びており、利益も急伸しているので、成長性も期待できそうです。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングのIPO評価

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングは、上場日がソフトバンクの前日というだけでなく、田中建設工業との同時上場で、規模(吸収金額17.9億円)もそれなりにあるため、需給面が良好とは言えません。

ただ、テクノスデータサイエンス・エンジニアリングはビッグデータAI(人工知能)IoTといったIPOで人気のテーマが盛りだくさんで、業績も好調に推移しているため、それでもかなりの人気を集めると思います。

よって、テクノスデータサイエンス・エンジニアリングのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOは、公開価格の2倍前後の高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOのその他情報はこちら

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。主幹事のいちよし証券は当然ながら、IPO幹事常連のSBI証券や100%完全抽選のマネックス証券などにも期待しています。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
いちよし証券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
極東証券 口座なし
マネックス証券 BB参加
エース証券 口座なし
むさし証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング