テスホールディングス(5074)IPOの仮条件が決まっています。テスホールディングスIPOは、世界的な課題となっている脱炭素というテーマ性で関心を集めています。

テスホールディングスIPOは、直近のネオマーケティングIPOから程よく間隔を空けての単独上場で、今のところその後のIPOも新規承認されていないため、注目度も高そうですね。

テスホールディングス

テスホールディングスIPOの関連記事

テスホールディングスIPOの新規上場を承認!大和証券が主幹事

テスホールディングスIPOのBBスタンスとIPO評価!SDGs関連IPO

テスホールディングスIPOの仮条件

1,470円~1,700円

テスホールディングスIPOの仮条件は、想定価格の1,700円を上限に下方へ拡げたレンジになっています。

テスホールディングスIPOは、東証1部の大型IPOなので、地合いが軟化していることを考えれば、無難な仮条件だと思います。

ちなみに、テスホールディングスIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は191.6億円になります。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

テスホールディングスIPOの初値予想

2,000円 (想定価格比:+300円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,000円~2,400円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,800円~2,100円)

テスホールディングスIPOは、人気になりにくい東証1部への新規上場で、規模(吸収金額191.6億円)も大きめです。

しかし、テスホールディングスIPOは単独上場で海外への販売も予定されおり、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないので、需給面はそこまで悪くはないと思います。

また、テスホールディングスIPOはSDGs脱炭素というテーマ性のある事業を展開していることでも注目されそうです。

よって、テスホールディングスIPOは大型なので地合いに左右されそうですが、今のところ公開価格の約1.2倍に当たる2,000円を目途に初値形成すると予想しています。


IPO・新規公開株ランキング

テスホールディングスIPOの幹事団

テスホールディングスIPOの幹事団
主幹事証券 大和証券
幹事証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
野村證券
SMBC日興証券
みずほ証券
岡三証券
いちよし証券
丸三証券
岩井コスモ証券
SBI証券
松井証券
岡三オンライン証券
auカブコム証券

テスホールディングスIPOの幹事団は、東証1部の大型IPOらしく、主幹事の大和証券をはじめ、五大証券が顔を揃えています。また、平幹事の数も多いので、幅広く申し込むのがベストですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社