ステラファーマ(4888)IPOの仮条件が決まっています。ステラファーマIPOは、新たながん治療として注目されているBNCT用のホウ素薬剤の研究及び開発をしていることで関心を集めています。

ただ、ステラファーマIPOはビジョナルIPOネオマーケティングIPOとの3社同時上場で、IPOの地合いも軟化していることから、資金分散の影響を受けそうですね。

ステラファーマ

ステラファーマIPOの関連記事

ステラファーマIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

ステラファーマIPOのBBスタンスとIPO評価!バイオIPO

ステラファーマIPOの仮条件

400円~460円

ステラファーマIPOの仮条件は、想定価格の510円を下回るレンジで設定されています。ステラファーマIPOは、当初から需給面にやや不安があり、IPOの地合いも軟化していることから、仮条件も下振れしてしまったようです。

ちなみに、ステラファーマIPOの公開価格が、仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は43.4億円から39.1億円にダウンします。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

ステラファーマIPOの初値予想

460円 (想定価格比:-50円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:700円~900円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:500円~600円)

ステラファーマIPOは、親子上場ステラケミファ(4109)の子会社)で規模(吸収金額39.1億円)もそれなりにあり、ビジョナルIPOネオマーケティングIPOとの3社同時上場でもあるので、需給面に不安があります。

さらに、ステラファーマIPOは赤字のバイオで仮条件も下振れしてしまったため、かなり厳しくなった印象です。

よって、ステラファーマIPOが手掛ける創薬事業は個人的にも応援したいところですが、公開価格を目途に初値形成するのが精一杯と予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ステラファーマIPOの幹事団

ステラファーマIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 大和証券
SMBC日興証券
いちよし証券
エース証券
岩井コスモ証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券

主幹事のみずほ証券200株配分ですが、それでも当選枚数はそれなりにあるため、かなり期待できそうです。

ただし、ステラファーマIPOは初値が公開価格を割れる可能性もありそうなので、参加するかどうかは慎重に判断した方が良いと思います。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社