バリューデザイン(3960)IPOの仮条件が発表されました。バリューデザインIPOは、9月末IPOラッシュの先陣を切る形で単独上場する銘柄ですが、かなり良い初値が期待できそうですね。

また、バリューデザインIPOの主幹事は、個人的に相性の良いSMBC日興証券なので、当選への期待度も高まっています。

バリューデザイン

バリューデザインIPOの関連記事

バリューデザインIPOのBBスタンスとIPO評価

バリューデザインIPOの新規上場を承認

バリューデザインIPOの仮条件

1,860円~2,040円

バリューデザインIPOの仮条件は、想定価格(1,860円)を下限とした強気の設定になっています。バリューデザインIPOは前評判が高かったため、強めの設定も想定内です。

ちなみに、公開価格が仮条件の上限(2,040円)で決まったとしても、吸収金額は6.9億円なので、小型なことに変わりはないですね。


↑バリューデザインIPOで主幹事を務めるSMBC日興証券↑

バリューデザインIPOの初値予想

4,080円⇒4,600円 (公開価格比:+2,560円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,800円~4,400円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,500円~4,000円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:4,500円)

バリューデザインIPOは、吸収金額が6.3億円(想定価格ベース)と小さくて、当選枚数も少ないので、プレミアチケット間違いなしという印象です。

また、バリューデザインIPOは事業内容に成長性が感じられ、FinTech(フィンテック)というテーマ性からも関心を集めそうです。

唯一の懸念材料は、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株ですが、需給面が良好なので大きな影響はなさそうです。

よって、バリューデザインIPOの初値予想は、このところの弱い地合を考慮して、想定価格の2倍程度にしました。

しかし、9月中旬からのIPOラッシュで地合が一気に好転すれば、初日値付かずの可能性も十分にありそうです。


にほんブログ村

バリューデザインIPOのその他初値予想はこちら

バリューデザインIPOの幹事団

バリューデザインIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 みずほ証券
SBI証券
エイチ・エス証券
東洋証券
岡三証券
いちよし証券
岩井コスモ証券

バリューデザインIPOは、極めて当選枚数が少ないですが、主幹事で当選期待度の高いSMBC日興証券と、外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券には、必ず申し込むことをオススメします。


↑SBI証券の公式サイト↑

IPOでは、申し込める証券会社が多いほど当選確率がアップしますので、新たな証券口座を開設してIPOをゲットしましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ