ウイルテック(7087)IPOの仮条件が発表されました。ウイルテックIPOは、人気化しにくい東証2部への新規上場なので、期待度も低そうです。

また、ウイルテックIPOはきずなホールディングスIPOとの同時上場という点も懸念材料ですね。

ウイルテック

ウイルテックIPOの関連記事

ウイルテックIPOのBBスタンスとIPO評価!東証2部の派遣関連IPO

ウイルテックIPOの新規上場を承認!SMBC日興証券が主幹事

ウイルテックIPOの仮条件

1,100円~1,200円

ウイルテックIPOの仮条件は、公開価格の1,280円を下回るレンジで設定されています。ウイルテックIPOは、新規承認時からあまり注目されていませんでしたが、仮条件が下振れしてしまったので、さらに評価が下がりそうですね。

ちなみに、ウイルテックIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は26.3億円から24.7億円にダウンしますが、大勢に影響はなさそうです。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

ウイルテックIPOの初値予想

1,200円 (想定価格比:-80円

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,500円~1,800円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,150円~1,300円)

ウイルテックIPOは、東証2部案件というだけでなく、きずなホールディングスIPOとの同時上場なので、需給面にやや不安があります。

ただ、東証2部にしては規模(吸収金額24.7億円)が大きいわけではなく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、そこまで悪いというわけでもありません。

しかし、仮条件が下振れしてしまったので、警戒感は増しそうです。よって、ウイルテックIPOは公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ウイルテックIPOのその他初値予想はこちら

ウイルテックIPOの幹事団

トゥエンティーフォーセブンIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 SBI証券
野村證券
大和証券
みずほ証券
岩井コスモ証券

ウイルテックIPOは、当選枚数がそれなりにあるため、主幹事のSMBC日興証券ならチャンスがありそうです。

また、SBI証券は抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるので申込み必須ですね


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社