カーブスホールディングス(7085)IPOの仮条件が発表されました。カーブスホールディングスIPOは、日本初のスピンオフ(現物配当)によるIPOということで、日増しに注目度がアップしているようです。

カーブスホールディングスは、3月のIPOラッシュの先陣を切る銘柄なので、好発進してほしいですね。

カーブスホールディングス

カーブスホールディングスIPOの関連記事

カーブスホールディングスIPOのBBスタンスとIPO評価!3月のIPO第一弾

カーブスホールディングスIPOの新規上場を承認!初のスピンオフIPO

カーブスホールディングスIPOの仮条件

720円~750円

カーブスホールディングスIPOの仮条件は、想定価格の720円を下限に上方へ少し拡げて設定されています。

カーブスホールディングスIPOは、初物(日本初のスピンオフIPO)なので、やや強めの仮条件も想定内です。

ちなみに、カーブスホールディングスIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は20億円から21億円にアップします。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

カーブスホールディングスIPOの初値予想

1,000円→850円 (公開価格比:+100円)

(※大手予想会社の初値予想:900円~1,100円)

カーブスホールディングスIPOは、何と言っても日本で初めてのスピンオフ税制を適用したIPOという点が注目ポイントです。

日本初のスピンオフIPOだけに、どのような新規上場になるか分かりませんが、初物IPOは初値が上がりやすい傾向にあるので、カーブスホールディングスIPOも1,000円の大台を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

カーブスホールディングスIPOのその他初値予想はこちら

カーブスホールディングスIPOの幹事団

カーブスホールディングスIPOの幹事団
主幹事証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券 野村證券
SMBC日興証券
いちよし証券
丸三証券
岡三証券
岡三オンライン証券
auカブコム証券

カーブスホールディングスIPOは、主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券ならそれなりに当選が期待できそうです。

さらに、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と同グループのauカブコム証券は穴場になるかもしれません。

また、カーブスホールディングスIPOはスピンオフ(現物配当)によるIPOなので、親会社のコシダカホールディングス(2157)の株を2月26日(権利付最終日)まで保有することによって、同数のIPO株を手に入れるという方法もあります。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社