AIメカテック(6227)IPOの仮条件が決まっています。AIメカテックIPOは、半導体パッケージ製造装置の開発・製造・販売などを行っていることで関心を集めているようです。

AIメカテックは、7月最後のIPOで今のところその後のIPOも新規承認されていないため、日程には恵まれていますね。

AIメカテック

AIメカテックIPOの関連記事

AIメカテックIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

AIメカテックIPOのBBスタンスとIPO評価!東証2部IPO

AIメカテックIPOの仮条件

1,900円~1920円

AIメカテックIPOの仮条件は、想定価格の1,920円を上限に下方へ少しだけ拡げて設定されています。AIメカテックIPOは、当初から需給面に不安があったので、無難な仮条件だと思います。

ちなみに、AIメカテックIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は75.7億円になります。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

AIメカテックIPOの初値予想

1,770円 (想定価格比:-150円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,020円~2,300円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,920円~2,200円)

AIメカテックは、IPOで人気になりにくい東証2部への新規上場で規模(吸収金額75.7億円)が大きく、公募株ゼロの売出株のみなのでVCのイグジット(出口)案件という側面もあるため、需給面で警戒されそうです。

また、半導体パッケージ製造装置の開発・製造・販売事業は、半導体不足が叫ばれている現在において注目されそうですが、それでも需給面のマイナスをカバーするほどではないと思います。

よって、AIメカテックIPOの初値は今のところ公開価格を割れる可能性が高いと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

AIメカテックIPOの幹事団

AIメカテックIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 野村證券
大和証券
SBI証券
楽天証券
SMBC日興証券
岡三証券
岩井コスモ証券
極東証券
水戸証券
マネックス証券
岡三オンライン証券

AIメカテックIPOの幹事団は、主幹事のみずほ証券を中心に、IPOでお馴染みの証券会社が顔を揃えています。

しかし、AIメカテックIPOは初値が公開価格を割れる可能性もあるため、参加するかどうかは慎重に判断した方が良いと思います。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社