コアコンセプト・テクノロジー(4371)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌月の9月6日から始まります。

コアコンセプト・テクノロジーは、製造業や建設業を中心にDX(デジタルトランスフォーメーション)支援事業を展開しています。

コアコンセプト・テクノロジーは、ユミルリンクシンプレクス・ホールディングスとの3社同時上場なので、今よりも地合いが良くなっていてほしいですね。

コアコンセプト・テクノロジー

コアコンセプト・テクノロジー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名コアコンセプト・テクノロジー
コード4371(情報・通信業)
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
楽天証券
SMBC日興証券
SBI証券
岩井コスモ証券
上場日9月22日
仮条件決定日9月2日(3,350円~3,500円に決定)
ブックビルディング期間9月6日から9月10日
公開価格決定日9月13日(3,500円に決定)
申込期間9月14日から9月17日まで
公募200,000株
売出し170,000株
OA55,500株
吸収金額14.3億円
時価総額126.9億円
想定価格3,350円→公開価格:3,500円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

コアコンセプト・テクノロジーIPOの事業内容

コアコンセプト・テクノロジーは、コンサルティング力とAI技術の融合により、主に製造業・建設業のDX(デジタルトランスフォーメーション)実現を支援するサービスを行っています。

また、コアコンセプト・テクノロジーは卸売業・小売業・情報通信業等の他産業の支援、デジタイゼーション支援やSalesforceのカスタマイズ導入支援、ITエンジニア調達支援なども行っています。

コアコンセプト・テクノロジーの事業概要

(※画像クリックで拡大)

コアコンセプト・テクノロジーは、「設備・装置からのデータ収集と指示伝達の自動化」「3Dモデルによる可視化」「類似検索」という「Orizuru」の標準機能をベースとして、顧客企業のニーズに応じたカスタマイズを行うことで、顧客企業のDXをスピーディかつ低コストで実現しています。

コアコンセプト・テクノロジーの「Orizuru」

(※画像クリックで拡大)

コアコンセプト・テクノロジーは、独自で開発した人材調達プラットフォーム「Ohgi」により、事業会社や大手SIerのシステム開発案件情報及び、40,000人以上のITエンジニアへのアプローチが可能となっており、効率的な受注側と発注側のマッチングを実現しています。

コアコンセプト・テクノロジーの「Ohgi」

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 人材採用費・人件費
  2. 社内システム導入費用

コアコンセプト・テクノロジーIPOの業績

コアコンセプト・テクノロジーの業績

(※画像クリックで拡大)

コアコンセプト・テクノロジーの売上は右肩上がりで、利益も概ね堅調に推移していますね。

コンセプト・テクノロジーのIPO評価

コアコンセプト・テクノロジーは、ユミルリンクシンプレクス・ホールディングスとの3社同時上場になりますが、規模(14.3億円)はそれほど大きくなく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株もないので、地合いさえ悪くなければ十分にこなせそうです。

また、コアコンセプト・テクノロジーは時流に乗ったDX(デジタルトランスフォーメーション)支援サービスを展開していて、AI(人工知能)IoT(モノのインターネット)というテーマ性もあるため、事業面でも関心を集めると思います。

よって、コアコンセプト・テクノロジーのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。コアコンセプト・テクノロジーIPOは、公開価格の2倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

コアコンセプト・テクノロジーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

コアコンセプト・テクノロジーIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨む予定です。

主幹事の大和証券をはじめ、平幹事のSMBC日興証券SBI証券などももれなく申し込むつもりです。

コアコンセプト・テクノロジーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
楽天証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング