ユミルリンク(4372)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の9月3日からスタートします。ユミルリンクは、企業がインターネットを活用してコミュニケーションを効果的、安全、安心に行うためのメッセージングソリューションを提供しています。

ユミルリンクは、コアコンセプト・テクノロジーシンプレクス・ホールディングスとの3社同時上場なので、上場日までに地合いが良くなっていてほしいですね。

ユミルリンク

ユミルリンク(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ユミルリンク
コード4372(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SBI証券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
auカブコム証券
LINE証券
上場日9月22日
仮条件決定日9月1日(950円~1,000円に決定)
ブックビルディング期間9月3日から9月9日
公開価格決定日9月10日(1,000円に決定)
申込期間9月13日から9月16日まで
公募338,200株
売出し937,800株
OA191,400株
吸収金額13.9億円
時価総額37億円
想定価格950円→公開価格:1,000円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

ユミルリンクIPOの事業内容

ユミルリンクは、自社開発のメッセージングプラットフォーム「Cuenote(キューノート)」シリーズによるメッセージングソリューション事業を行っています。

「Cuenote」は、顧客のマーケティングやコミュニケーション活動を支援するソフトウエアシリーズです。

「Cuenote」シリーズには、メール配信システム「Cuenote FC」、メールリレーサーバー「Cuenote SR-S」、Webアンケート・フォームシステム「Cuenote Survey」、ショートメッセージ配信サービス「Cuenote SMS」、「Cuenote安否確認サービス」などがあり、SaaSやソフトウエア形式で提供しています。

Cuenoteシリーズ

(※画像クリックで拡大)

SaaSの収益は、顧客がサービスを利用し続ける限りサービス利用売上が計上されるサブスクリプション型収益なので、安定的な収益基盤となっています。

ユミルリンクIPOの事業系統図

ユミルリンクの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 当社が提供するメッセージプラットフォーム「Cuenote(キューノート)」のクラウドサービスに係るデータセンターのサービス用基盤設備(ネットワーク機材、ソフトウエア、サーバ機材等)の新設のための費用
  2. サービス用サーバ機材(既存顧客用のサーバ機材等)のリプレースのための費用
  3. 今後の事業規模拡大のために必要な人材獲得に係る採用活動費
  4. クラウドサービスの販売促進に係る広告宣伝費

ユミルリンクIPOの業績

ユミルリンクの業績

(※画像クリックで拡大)

ユミルリンクIPOの業績は順調に伸びていて好調そうですね。

ユミルリンクのIPO評価

ユミルリンクは、親会社がサイバーエージェントからサイボウズへと変わり、現在はアイテック阪急阪神(阪急阪神ホールディングスグループ)の傘下に入っています。

ユミルリンクはコアコンセプト・テクノロジーシンプレクス・ホールディングスとの3社同時上場になりますが、IPOラッシュ序盤というのが救いです。

また、ユミルリンクは手頃な価格で規模(吸収金額13.9億円)もさほど大きくなく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、需給面は悪くありません。

さらに、ユミルリンクはIPOで人気のSaaS関連サービスを提供していることから、事業面でも注目されそうです。

よって、ユミルリンクのIPO評価は、Aが妥当だと考えてます。ユミルリンクIPOは、公開価格の2倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ユミルリンクIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ユミルリンクIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。主幹事の野村證券はもとより、SBI証券SMBC日興証券などの平幹事も全て申し込む予定です。

ユミルリンクIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
auカブコム証券 BB参加
LINE証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング