Geolocation Technology(4018)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。

Geolocation Technologyは地方市場(福岡証券取引所Q-Board)への新規上場ながらも、小型で当選枚数も少ないことから、希少性で関心を集めています。

現在はIPOの地合いが非常に悪いため、このままだと小型でも地方市場だと苦戦しそうなので、早く好転してほしいですね。

Geolocation Technology

Geolocation Technology(4018)IPOの過去記事

Geolocation TechnologyのIPO新規上場を承認!エイチ・エス証券が主幹事

Geolocation TechnologyのIPO評価とBBスタンス!

Geolocation TechnologyのIPO初値予想!仮条件は上振れ

Geolocation TechnologyのIPO配分数(割当数)

Geolocation TechnologyのIPO配分数(割当数)は、主幹事のエイチ・エス証券89%を占めていますが、それでも当選枚数は極少なので、かなりの競争率になりそうです。

また、平幹事での当選は絶望的ですが、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券は申込み必須です。

Geolocation TechnologyのIPO配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
エイチ・エス証券 (主幹事) 89,000株 89% 89枚 A
SBI証券 5,000株 5% 23枚 B
西日本シティTT証券 3,000株 3% -枚
岡三証券 2,000株 2% 2枚
マネックス証券 1,000株 1% 10枚 C
岡三オンライン証券 ?株 ?% ?枚
合計 100,000株 100% 124枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Geolocation Technology(4018)IPOのBB(ブックビルディング)は、8月27日からはじまっているので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、忘れずに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株ランキング