サークレイス(5029)IPOの仮条件が発表されました。サークレイスIPOは規模が小さいため、需給面で関心を集めています。

4月からは東証の市場区分が再編されるため、IPOもどのような影響を受けるか注目です。

サークレイス

サークレイスIPOの関連記事

サークレイスIPOの新規上場を承認!大和証券が主幹事

サークレイスIPOのBBスタンスとIPO評価!DX関連IPO

サークレイスIPOの仮条件

680円~720円

サークレイスIPOの仮条件は、想定価格の710円を挟みながら狭いレンジのノーマルな設定になっています。

ちなみに、サークレイスIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は6.1億円から6.2億円にアップします。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

サークレイスIPOの初値予想

1,600円 (想定価格比:+890円)

(※大手予想会社の初値予想:1,200円~1,500円)

↓(上場直前の初値予想)

1,900円 (公開価格比:+1,180円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,600円)

サークレイスIPOは売出株ゼロの公募株のみで規模(吸収金額6.2億円)が小さく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、需給面だけでも人気化すると思います。

また、サークレイスはIPOで人気のDX(デジタルトランスフォーメーション)関連事業を展開しているため、事業面でも注目されそうです。

よって、サークレイスIPOは公開価格の約2.2倍に当たる1,600円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

サークレイスIPOの幹事団

サークレイスIPOの幹事団
主幹事証券 大和証券
幹事証券 野村證券
SMBC日興証券
みずほ証券
SBI証券
楽天証券
松井証券
いちよし証券

サークレイスIPOの幹事団は主幹事の大和証券をはじめ、ネットから申し込める証券会社だけで構成されているので、全てに申し込んで少しでも当選のチャンスを増やしたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社