セカンドサイトアナリティカ(5028)IPOの仮条件が決まっています。セカンドサイトアナリティカは東証グロース市場のIPO第一弾で規模も小さいため、需給面で注目されています。

また、セカンドサイトアナリティカは4月最初のIPOでもあるため、良いスタートを切ってほしいですね。

セカンドサイトアナリティカ

セカンドサイトアナリティカIPOの関連記事

セカンドサイトアナリティカIPOの新規上場を承認!SMBC日興証券が主幹事

セカンドサイトアナリティカIPOのBBスタンスとIPO評価!AI関連IPO

セカンドサイトアナリティカIPOの仮条件

1,290円~1,390円

セカンドサイトアナリティカIPOの仮条件は、想定価格の1,290円を下限に上方へやや拡げて設定されています。弱気な仮条件が目立つ中、久々のやや強気の仮条件ですね。

ちなみに、セカンドサイトアナリティカIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は8.1億円から8.7億円にアップします。

SMBC日興証券 オンライントレード
セカンドサイトアナリティカIPO主幹事のSMBC日興証券

セカンドサイトアナリティカIPOの初値予想

3,000円 (想定価格比:+1,610円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,600円~2,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,000円~2,400円)

セカンドサイトアナリティカは4月のIPO第一弾というだけでなく、東証の市場再編後初のIPOでもあり、規模(吸収金額8.7億円)も小さいため、需給面で人気を集めると思います。

また、セカンドサイトアナリティカはIPOで人気になりやすいAI(人工知能)というテーマ性がある事業を展開していることでも注目されそうです。

よって、セカンドサイトアナリティカIPOは3,000円の大台を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

セカンドサイトアナリティカIPOの幹事団

セカンドサイトアナリティカIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 大和証券
SBI証券
楽天証券
水戸証券

セカンドサイトアナリティカIPOの幹事団はコンパクトなので、もれなく申し込むのがベストですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社