サーキュレーション(7379)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。サーキュレーションIPOは、プロ人材による経営コンサルティングを展開しています。

サーキュレーションIPOは規模が大きめなので、上場日までに地合いが好転するかがポイントになりそうですね。

サーキュレーション

サーキュレーションIPOの過去記事

サーキュレーションIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

サーキュレーションIPOのBBスタンスとIPO評価!コンサルIPO

サーキュレーションIPOの初値予想!仮条件は強気

サーキュレーションIPOの配分数(割当数)

サーキュレーションIPOの配分数(割当数)は、主幹事のみずほ証券約86%を占めていて、当選枚数もそれなりにあるため、当選への期待度も高まります。

また、平幹事の中では楽天証券SBI証券もそこそこのチャンスがありそうなので、当選を狙うなら申し込んでおいたほうが良いと思います。

サーキュレーションIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
みずほ証券 (主幹事) 1,827,100株 86% 1,827枚 A
大和証券 63,700株 3% 64枚
野村證券 42,400株 2% 42枚
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 42,400株 2% 42枚
SBI証券 42,400株 2% 191枚 B
岡三証券 21,200株 1% 21枚
いちよし証券 21,200株 1% 2枚
東海東京証券 21,200株 1% 21枚
岩井コスモ証券 21,200株 1% 21枚
楽天証券 21,200株 1% 212枚 B
岡三オンライン証券 ?株 ?% ?枚
マネックス証券 ?株 ?% ?枚
auカブコム証券 ?株 ?% ?枚
合計 2,124,000株 100% 2,443枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

サーキュレーションIPOのBB(ブックビルディング)は、7月13日に締め切られるので、当選を目指す方は上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、忘れずに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株ランキング