クリーマ(4017)IPOの仮条件が発表されました。クリーマIPOは、ハンドメイドというニッチでユニークな事業を展開していることで関心を集めているようです。

ただ、クリーマIPOは規模が大きくて値がさなので、前日に新規上場するジオコードIPOが初日値付かずになると同時上場になってしまうため、資金分散の影響を受けるかもしれませんね。

クリーマ

クリーマIPOの関連記事

クリーマIPOの新規上場を承認!SBI証券が主幹事

クリーマIPOのBBスタンスとIPO評価!ハンドメイド関連IPO

クリーマIPOの仮条件

3,250円~3,570円

クリーマIPOの仮条件は、想定価格の3,250円を下限に上方へ大幅に拡げて設定されています。クリーマIPOは地合いの良さからなのか、規模が大きいわりに強めの仮条件になっています。

ちなみに、クリーマIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は59.8億円から65.7億円にアップするので、やはり重く感じますね。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
クリーマIPO主幹事のSBI証券

クリーマIPOの初値予想

4,000円→4,600円 (公開価格比:+1,030円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,700円~4,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:4,000円~4,800円)

クリーマは、値がさの大型(吸収金額65.7億円)IPOで、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も約190万株と多い点が懸念材料です。

また、前日に新規上場するジオコードIPOが初日値付かずになると、実質的な同時上場になってしまうので、資金が分散される可能性もあります。

ただ、ハンドメイド事業はユニークで業績の成長性も感じられるため、地合いが悪化しなければ、公開価格の1.1倍程度で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

クリーマIPOの幹事団

クリーマIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
エース証券
岩井コスモ証券
岡三証券
丸三証券
水戸証券
SBIネオモバイル証券
岡三オンライン証券

クリーマIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙うことも出来ますが、値がさで規模も大きいため、ややリスクがあって悩ましいですね。

また、1株からの申し込みになりますが、主幹事のSBI証券と同グループのSBIネオモバイル証券も穴場になりそうなので要チェックだと思います。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社