MITホールディングス(4016)IPOの仮条件が発表されました。MITホールディングスIPOは、IT関連の小型IPOなので、かなりの人気を集めそうです。

また、MITホールディングスIPOは直近のアララIPOから約1週間空けての新規上場なので、スケジュールにも恵まれていますね。

MITホールディングス

MITホールディングスIPOの関連記事

MITホールディングスIPOの新規上場を承認!SBI証券が主幹事

MITホールディングスIPOのBBスタンスとIPO評価!SI関連の小型IPO

MITホールディングスIPOの仮条件

630円~690円

MITホールディングスIPOの仮条件は、想定価格の610円を上回るレンジで設定されています。

MITホールディングスIPOは、にほんブログ村などでも概ね高い評価を得ていたので、仮条件の上振れも納得です。

ちなみに、MITホールディングスIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は3.4億円から3.8億円にアップしますが、小型なことに変わりありません。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
MITホールディングスIPO主幹事のSBI証券

MITホールディングスIPOの初値予想

3,000円⇒4,200円 (公開価格比:+3,510円)

(※大手予想会社の初値予想:1,400円~1,600円)

MITホールディングスIPOは規模(吸収金額3.8億円)が小さくて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株もIPOの売出株として全株放出されるので上場時の売り圧力もないため、間違いなく人気化すると思います。

また、MITホールディングスIPOは主幹事がSBI証券なので、IPOチャレンジポイントのボーダーラインなどでも話題を集めそうです。

さらに、SI(システムインテグレーション)事業はIPOで人気があるため、事業面でも注目されると思います。

よって、MITホールディングスIPOは初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

MITホールディングスIPOの幹事団

MITホールディングスIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 みずほ証券
岡三証券
ちばぎん証券
東洋証券
水戸証券
岩井コスモ証券
極東証券
マネックス証券
エース証券
丸三証券
楽天証券
SBIネオモバイル証券
岡三オンライン証券

MITホールディングスIPOは小型なわりに幹事証券が多いので、主幹事のSBI証券はもちろんのこと、マネックス証券などの平幹事もなるべく申し込んで、少しでも当選確率をアップさせたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社